30万円でトラリピの運用開始【加ドル/円(CAD/JPY)】


現在運用しているつみたてNISA、iDeCo、現物株に加えてポートフォリオにFXを追加してみたいなと思っていたので、ブログ記事を参考に、運用を開始することとしました。

運用する通貨は?


運用開始にあたって、参考にしたのは下記の2つのブログです。

akilog.jp

semiritaiafx.com


上記ブログで運用されているのは、加ドル/円、豪ドル/円、NZドル/米ドルの3つ。
その中で注目したのは、過去の相場に対する現在のポジションです。

f:id:Fujix:20181229221228p:plain
f:id:Fujix:20181229221240p:plain
f:id:Fujix:20181229221252p:plain


加ドル/円は低い価格帯、豪ドル/円とNZドル/米ドルは真ん中あたりにあります。
低い価格であるということは、価格が下落した際の含み損が少なくなり、運用に必要な資金が抑えられます。
さらに、加ドル/円は買いトラリピだけでよく、さらにスワップがプラスであることも選択した理由の一つです。

運用条件は?


加ドル/円に決めたら、あとは運用条件です。

f:id:Fujix:20181229223012p:plain


ここ3年の値動きで買いトラリピに適しているのは75円から89円のあたりです。
なお、2016/11/6には74.79円の最低価格を記録しています。


トラリピ設定

レンジ幅 買い75円~89円
注文本数 29本
1本あたり 1,000通貨
利益金額 500円

f:id:Fujix:20181229224154p:plain


運用試算表では、74.93円でロスカットとなっていますが、これは89円からロスカットレートまで真っ逆さまに落ちた場合の金額であると考えています。
運用開始時点のレート81.5円から89円まで上がらずとも上昇した時には、運用益が発生していますし、ここからすぐ74.93円におちてもポジションをそれほど抱えない状況で落ちるので、ロスカットにはなりません。
今後は、積立をしながら運用資金を増やしていき、少しずつリスクを低くしていく予定です。