無料株取引アプリ「STREAM」での取引を開始しました!

STREAMとは?

「STREAM(ストリーム)」とは、東大発Fintechベンチャーである株式会社Finatextが設立した子会社「株式会社スマートプラス」が提供するコミュニティ型株取引アプリです。

smartplus-sec.com

株式会社スマートプラスはブローカレッジ、注文執行をプラットフォーム化するBaaS 構想を基盤とした、委託手数料のみに頼らない新たなビジネスモデルを創造することを理念とし、その実効性を高めるため、証券大手の株式会社大和証券グループ本社と資本業務提携を締結することにより、堅牢な基盤で低取引コストを実現するとしています。信頼性も高そうですね。

STREAMの特徴

・従来型の株式委託手数料が、いつでも何回でも無料。

SBI証券楽天証券など、ネット証券を中心に売買手数料は低いですが、最近始めたQuantXの売買シグナルによる取引で取引回数が増えていますので、無料というのは助かります。

fujix.hatenadiary.jp


・最新情報や取引アイデアの提供と簡単な取引

市況ニュースや適時開示、Twitter、銘柄掲示板等の様々な情報が確認できます。

そこからすぐ売買の手続きができるUIとなっています。


・ユーザー同士が交流できるコミュニティの提供

SNS機能がついており、他ユーザーのフォローや、意見に対するコメントなどが可能となっています。

Facebookで「いいね!」するように、役立つと思ったコメントに対し「役立つ!」と意思表示することができます。

フォローやコメントを行うことで、コミュニティポイントが付与され、ポイント数に応じてランク付けされています。

ランクにより信用取引の手数料が優遇されるシステムとなっており、よりコミュニティを活用することで低い手数料で信用取引ができるようになっています。

まだ現物取引しか行っていませんので、このコミュニティの機能についてはほとんど活用できていませんが。

売買手数料が無料にできるはなぜ?

売買手数料が無料になる理由は、SOR(スマート・オーダー・ルーティング)で、より有利な条件での取引を実現する仕組みを活用しているためです。

SMART取引では、東京証券取引所機関投資家が活用する東証立会外取引(ダークプール)の2ヶ所からより有利であると判断された価格で約定します。

そのうち東証立会外取引の価格が有利と判断されて約定が成立した場合には、東証の価格との差額が生じます。

スマートプラスは、差額の半額相当を取引手数料として受け取り収入源にしています。

たとえば、同じ銘柄の株取引でも、東証の約定金額が60,000円(100株)、東証立会外取引の約定金額が59,976円(100株)とすると、差額24円のうち12円を、手数料としてスマートプラスが受け取ります。

このようにして、STREAMでは東証東証立会外取引の価格差を収入源とすることで、株の売買手数料0円を実現しています。

まとめ

上記にも記載したとおり、現物取引の回数が増えてきているので、取引手数料がゼロ円ということでかなり節約になるのではと期待しています。