ブラーバのバッテリーを互換品に交換してみた


f:id:Fujix:20181020172710j:plain

www.irobot-jp.com

ブラーバが止まる

2017年3月から使用している我が家のブラーバですが、掃除が完了する前に途中で止まってしまう現象が頻発するようになりました。

最初は「充電忘れかな?」と思っていたんですが、完ぺきに充電を済ませてから動かしてみても、エラー音を発し停止してしまう状態になりました。

バッテリーの寿命ではないか

「ブラーバ」、「止まる」で検索をしてみると、下記ブログで詳しく解説されていて、うちのブラーバもバッテリーが寿命だという結論に至りました。
床拭きロボット:ブラーバが途中停止するのでバッテリー交換して修理してみた。 – 一条工務店で建てたまぼこのきろく

バッテリーを購入

store.irobot-jp.com

本来であれば純正バッテリーを購入すればいいのですが、iRobot Storeで値段を調べてみたら8,856円(税込)プラス送料となっています。

一年半しか持たないのに高くないですか?

しかも単3のリチウム充電池を6つほど繋げてカバーをしているぐらいの簡単な作りですよ。(表現悪くてすみません)

他の互換バッテリーでは、「最初は動いたがすぐに止まった」というレビューも散見されましたが、今回購入したROWAJAPAN(ロワジャパン)の互換バッテリーは、そのようなレビューもなく、「保証期間が3ヶ月あり初期不良に対応してもらえる」、「デジタルカメラの互換電池を扱っている老舗のため信頼性も高そう」、「この値段ならしょうがないか」という部分で、購入することにしました。

バッテリー交換

交換方法は簡単です。

f:id:Fujix:20181021051530j:plain

本体裏側のこの部分にバッテリーが入っていますので、マイナスドライバーでネジをを外し蓋を開けます。

f:id:Fujix:20181021051704j:plain

開けた状態がこれです。(すでに交換済みの状態の写真ですが)

f:id:Fujix:20181021051848j:plain

この部分にコネクタを接続する部分がありますので、線が切れないように注意しながら交換しましょう。

まとめ

今回は、純正バッテリーではなく互換バッテリーに交換をしたという記事ですが、皆さんどれぐらいバッテリーが持つのかということが気になると思いますので、使えなくなったころに再度レビューをしたいと思います。(できれば純正品のように1年ぐらい持ってほしい)


《第4週》QuantX(クオンテックス)の株式予測アルゴリズムを活用して売買してみた

売買報告

QuantX(クオンテックス)の株式予測アルゴリズムを使った売買の報告をします。

買付 売却 保有銘柄 取得額 評価額 含み損益 通算損益額
1週目 5回 1回 4 170,402円 171,300円 +898円(0.53%) +1,573円
2週目 7回 6回 5 341,300円 338,500円 -3,000円(-0.82%) -1,634円
3週目 1回 5回 3 110,000円 106,300円 -3,700円(-3.36%) -9,298円
4週目 4回 5回 4 286,280円 291,960円 +5,680円(1.98%) -15,795円


9月26日から10月19日までの売買で損益額-15,795円。含み損益額+5,680円です。

先週に比べ、若干盛り返した感もあります。

なお、上記結果はシグナルが出た銘柄すべてを買っているわけではありません。

一つ興味深い件がありまして、同じアルゴリズムを活用していると思われるあっきんさんと売買シグナルの通知のタイミングが異なっているという点です。

そのあたりも注視しながら、引き続き売買を続けたいと思います。



QuantX(クオンテックス)とは?

QuantX [クオンテックス] は、膨大な株銘柄の中で、「値上がり・値下がりする銘柄」を予測するアルゴリズムを購入・利用できるサービスで、株式会社Smart Tradeが提供しています。

quantx.io

やり方は以下のとおり。

  • 売買銘柄を1日1回メールやLINEでお知らせ
  • お知らせを合わせて売買する

たったこれだけ。

アルゴリズムを購入

購入といっても会員登録することで無料クーポンがもらえますので、今回はその無料クーポンを活用しました。(9月末まで)
なお、購入に当たっては、クレジットカードの登録が必要です。

アルゴリズムの購入は、投資対象の特性やテーマといったものから選ぶかたちとなっており、私は初期資産100万円以下の中の「次世代技術」を選択しました。

「次世代技術」のパフォーマンスは、+59.5%。
基準日が2018.4.23となっているのでかなり高いパフォーマンスを発揮しているようです。

売買シグナル通知

銘柄購入に当たっては、QuantXから以下のような売買シグナル通知メールが届きます。
メールが届く時間はおおよそ19:00ごろです。

「[公式] 次世代技術」からの売買シグナル通知 2018-09-25

「[公式] 次世代技術」が次回執行予定(*1)の銘柄は以下のとおりです。

■売り

  • 東証JQス 電気機器銘柄 100株 後場引成 (損益確定売)
  • 東証二部 電気機器銘柄 100株 後場引成 (SIGNAL SELL)

■買い

  • 東証一部 情報・通信銘柄 100株 後場引成 (SIGNAL BUY)

投資はご自身の判断でご利用中の証券口座において行なってください。

※具体的な名称は、アルゴリズムを購入した方のみ通知されるものなので伏せています。

銘柄売買

通知の合った翌日に銘柄を売買。
自分の場合は、売買手数料の安いSBI証券に口座を保有しているので、SBI証券で売買を行っています。

【抽選結果】リーガル不動産(3497)BB申込

抽選結果


SMBC日興証券 補欠(当選以外は補欠のためほぼ落選)
SBI証券 落選(IPOチャレンジポイント獲得)
以上です。


申込状況


主幹事のSMBC日興証券SBI証券から申込みをしました。
想定価格は、+700円~+1,100円程度を見込んでいます。

リーガル不動産の概要

www.legal-corp.co.jp


市場:マザーズ
業種:不動産業
事業内容:不動産の開発、売買、賃貸、管理、仲介業、介護事業

IPO情報

公募株数合計 1,010,000株
公募株数 740,000株
売出株数 270,000株
仮条件 1,360円~1,380円


IPOスケジュール

仮条件決定日 2018/10/04
BB(抽選申込)期間 2018/10/05~2018/10/12
当選発表日 2018/10/15
購入申込期間 2018/10/16~2018/10/19
上場予定日 2018/10/23


引受証券会社


SMBC日興証券
SBI証券
エース証券
東海東京証券
岩井コスモス証券
岡三証券

主要株主

株主名 比率
(株)リーガルアセット 52.15%
平野哲司 32.60%
山名孝宏 4.19%
藤原寛 4.19%
(株)リーガル不動産 1.33%
水向隆 0.47%
池田維彦 0.33%
完山吉秀 0.28%
山村真一 0.28%
岡田千 0.28%

*主要株主の持ち株比率は目論見書に基づき、潜在株式を含めた割合を記載

リーガル不動産(3497)BB申込

申込状況


主幹事のSMBC日興証券SBI証券から申込みをしました。
想定価格は、+700円~+1,100円程度を見込んでいます。

リーガル不動産の概要

www.legal-corp.co.jp


市場:マザーズ
業種:不動産業
事業内容:不動産の開発、売買、賃貸、管理、仲介業、介護事業

IPO情報

公募株数合計 1,010,000株
公募株数 740,000株
売出株数 270,000株
仮条件 1,360円~1,380円


IPOスケジュール

仮条件決定日 2018/10/04
BB(抽選申込)期間 2018/10/05~2018/10/12
当選発表日 2018/10/15
購入申込期間 2018/10/16~2018/10/19
上場予定日 2018/10/23


引受証券会社


SMBC日興証券
SBI証券
エース証券
東海東京証券
岩井コスモス証券
岡三証券

主要株主

株主名 比率
(株)リーガルアセット 52.15%
平野哲司 32.60%
山名孝宏 4.19%
藤原寛 4.19%
(株)リーガル不動産 1.33%
水向隆 0.47%
池田維彦 0.33%
完山吉秀 0.28%
山村真一 0.28%
岡田千 0.28%

*主要株主の持ち株比率は目論見書に基づき、潜在株式を含めた割合を記載

《第3週》QuantX(クオンテックス)の株式予測アルゴリズムを活用して売買してみた


QuantX(クオンテックス)の株式予測アルゴリズムを使った売買の報告をします。

買付 売却 保有銘柄 取得額 評価額 含み損益 通算損益額
1週目 5回 1回 4 170,402円 171,300円 +898円(0.53%) +1,573円
2週目 7回 6回 5 341,300円 338,500円 -3,000円(-0.82%) -1,634円
3週目 1回 5回 3 110,000円 106,300円 -3,700円(-3.36%) -9,298円

9月26日から10月12日までの売買で損益額-9,298円。含み損益額-3,700円です。

今週は世界同時株安の影響を受けマイナスになっています。今が買い場という考え方もありますので、引き続き継続していきます。

なお、上記結果はシグナルが出た銘柄すべてを買っているわけではありません。

QuantX(クオンテックス)とは?

QuantX [クオンテックス] は、膨大な株銘柄の中で、「値上がり・値下がりする銘柄」を予測するアルゴリズムを購入・利用できるサービスで、株式会社Smart Tradeが提供しています。

quantx.io

やり方は以下のとおり。

  • 売買銘柄を1日1回メールやLINEでお知らせ
  • お知らせを合わせて売買する

たったこれだけ。

アルゴリズムを購入

購入といっても会員登録することで無料クーポンがもらえますので、今回はその無料クーポンを活用しました。(9月末まで)
なお、購入に当たっては、クレジットカードの登録が必要です。

アルゴリズムの購入は、投資対象の特性やテーマといったものから選ぶかたちとなっており、私は初期資産100万円以下の中の「次世代技術」を選択しました。

「次世代技術」のパフォーマンスは、+59.5%。
基準日が2018.4.23となっているのでかなり高いパフォーマンスを発揮しているようです。

売買シグナル通知

銘柄購入に当たっては、QuantXから以下のような売買シグナル通知メールが届きます。
メールが届く時間はおおよそ19:00ごろです。

「[公式] 次世代技術」からの売買シグナル通知 2018-09-25

「[公式] 次世代技術」が次回執行予定(*1)の銘柄は以下のとおりです。

■売り

  • 東証JQス 電気機器銘柄 100株 後場引成 (損益確定売)
  • 東証二部 電気機器銘柄 100株 後場引成 (SIGNAL SELL)

■買い

  • 東証一部 情報・通信銘柄 100株 後場引成 (SIGNAL BUY)

投資はご自身の判断でご利用中の証券口座において行なってください。

※具体的な名称は、アルゴリズムを購入した方のみ通知されるものなので伏せています。

銘柄売買

通知の合った翌日に銘柄を売買。
自分の場合は、売買手数料の安いSBI証券に口座を保有しているので、SBI証券で売買を行っています。

【抽選結果】ディ・アイ・システム(4421)BB申込

抽選結果

SMBC日興證券 補欠(当選以外は補欠)
SBI証券 落選
岡三オンライン証券 落選


申込状況


主幹事のSMBC日興証券SBI証券から申込みをしました。
想定価格は、+400円~+800円程度を見込んでいます。

ディ・アイ・システムの概要

システム開発・インフラ構築のディ・アイ・システム


市場:JQS
業種:情報・通信業
事業内容:システムインテグレーション事業及び教育サービス事業

IPO情報

公募株数合計 453,000株
公募株数 300,000株
売出株数 153,000株
仮条件 1,220円~1,280円


IPOスケジュール

仮条件決定日 2018/10/02
BB(抽選申込)期間 2018/10/03~2018/10/10
当選発表日 2018/10/11
購入申込期間 2018/10/12~2018/10/17
上場予定日 2018/10/19


主要株主

株主名 比率
(株)NAM 40.54%
長田光博 13.78%
吉原孝行 6.65%
ディ・アイ・システム社員持株会 5.92%
石井亜沙子 4.86%
仲麻衣子 4.86%
富田健太郎 4.10%
関亦在明 4.10%
長田明子 3.45%
大塚豊 2.23%

*主要株主の持ち株比率は目論見書に基づき、潜在株式を含めた割合を記載

Pixel3発表


Pixel3発表

store.google.com

www.youtube.com

過去記事でもふれていた新型Androidスマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」が発表されました。

fujix.hatenadiary.jp

Pixel 3の基本仕様

OS:Android9 Pie
ディスプレイ:5.5インチ or 6.3インチ
カメラ:背面12.2メガピクセル、前面8メガピクセル
プロセッサ:Qualcomm® Snapdragon™ 845
メモリ:4GB RAM
ストレージ:64GB or 128GB
バッテリー:2915mAh
ポート:USB Type-C(Qi ワイヤレス充電対応)
その他機能:IPX8 防塵・防水仕様、FeliCa搭載、前面デュアルスピーカー

Pixel 3のサイズ

長さ:145.6 mm
幅:68.2mm
高さ:7.9 mm
重さ:148g

Pixel 3 XLのサイズ

長さ:158.0 mm
幅:76.7mm
高さ:7.9 mm
重さ:184g

まとめ

日本向け製品については、Felica対応されたことにより使い勝手が向上されていますね。

youtubeをご覧いただければわかるように、カメラ機能も充実してる模様です。

カメラに写った商品を検索したり、動植物や建造物を検索する機能「Googleレンズ」も使ってみたいです。

今はXperia X Compactを使用していますが、次回買い替え時には「Pixel」シリーズを候補にしています。

なお、最新情報を取得するためにメールアドレスを登録してみましたが、現時点で情報は配信されていません。

販売開始ぐらいに何かお知らせが来るのでしょうか。